大井川鉄道 SLとアプト式鉄道 2003/GW
SLファンの家内を連れて、新緑の大井川鉄道に行ってきました。
更に上流のアプト式鉄道を含めてすっかり楽しんできました。

場所 Photo コメント 旅行記
始発の金谷駅 いろんな電車が走っているのに驚きました。
近鉄16000系だそうです。

前日に金谷駅のロコプラザで少し予習をしました。
天候と相談して作戦を決定。

一日めは宿にクルマを置いて、「乗り鉄」の日です。
GW中の平日だったので、お客さんは少なく、十分満喫することができました。

金谷からの車両が近鉄だったのでびっくり。
SL以外のことはほとんど調べずに行ったので、こんなにいろんな車両が走っていると走りませんでした。
博物館さながらですね。


千頭で乗り換えて、南アルプスアプトラインで、井川駅まで。

トロッコ電車みたいなミニ鉄道で、途中、アプト式の機関車をつないだりと、のんびりした旅です。

終点では井川ダムまで散策しました。
ダムのところには資料館などもあって見学できます。

千頭まで戻って、SL運転体験をしました。
機関紙さんの制服を借りて、ほんの数十メートルですが、SL を走らせた気分になることができました。
石炭をくべたりもしました。
好きな人にはたまりませんね。

千頭の駅の構内は遊園地のような感じで、SLをはじめとして、いろいろな車両が置いてあります。
転車台もあるんですが、金谷側にないということで、活躍していないのは残念です。

SLもじっくり見ることができます。
運転席に座って写真を撮るとかもOK。
家内も大喜びでした。


SLの列車に乗って金谷に向かいました。
一晩前の客車からは、後ろ向きに牽引するSLを間近に見ることができ、一番後ろの客車からは、線路を真下に見ることができます。




翌日は、「撮り鉄」の日でした。
クルマで沿線を走り、ダイヤとにらめっこをしながら、要所でSLを外から眺めました。

アプトラインのほうへも足を延ばし、展望台に登ったりもしました。
天候にも恵まれました。


SLを待つあいだの時間で川根温泉の足湯も利用しました。
まったりとできて気持ちよかった。


朝から晩まで列車を追いかけて、楽しい一日でした。



家山駅近くのたいやき屋さんを狙っていたのですがお休みで断念。
是非リターンマッチをと考えています。



最上流の井川駅にて とても小さいミニ鉄道
長島ダム〜あぷといちしろ駅間 先頭にアプト式機関車がつながっています。
千頭駅 これは南海電鉄の車両だそうです。
一番の目的はSL
とにかくいろんな電車があります。
客車も相当古いです。
駅の構内が遊園地のようですね。
川根温泉の鉄橋にて 京阪の古い車両もここでは現役です。
鉄橋を渡るSL
奥大井湖上駅を見下ろす展望台より この絶景は展望台まで登った人の特権です。
奥大井湖上駅近くの車道より 橋梁の高さは70mと書いてありました。
川根温泉付近の車道より 金谷に転車台がないので、登りはSLが後ろ向きに走ります。