2006/12月 横浜氷川丸
氷川丸とマリンタワーの公開が最後だということで、行ってきました。

場所 Photo コメント 旅行記
山下公園より カモメがいっぱいいました。
いつもの風景ですね。
氷川丸とマリンタワーといえば、横浜のシンボルみたいなものだと思っていました。

それが、一般公開を終了すると聞いて、さびしく思います。
最後にもう一度見に行きたくて行ってきました。


氷川丸の船内に入るのは、とても久しぶりで、記憶の彼方です。
これだけ古いものが、ちゃんと保存されている例が、世界的に見ても珍しいそうです。
ディーゼル機関類も当時の面影を残していて、重厚な雰囲気に圧倒されました。


船内電話が電話ボックスの始まりだったとか、チャップリンが乗った部屋とか、エピソードには枚挙に暇がありません。
VIPルームの、ステンドグラスをはじめ、当時最高級の内装は、とても印象的です。


写真には載せませんでしたが、豪華客船花盛りの時代のポスターはかわいいものがいっぱい展示してありました。

また、野上隼夫さんという方の船の絵画はリアリティにあふれ、感動しました。



夕方までゆっくり見て、イルミネーションが灯ったところまで見ていましたが、公開が最後になるのはいまさらながら惜しいと思いました。

特にマリンタワーは、まだまだ現役でいけるのではないかと思いました。


ディーゼル機関 運転状況を示すインジケータ
巨大な六角ボルト
船内電話 エンジンの音を遮断するために部屋に仕切られていた。これが電話ボックスの始まりだそうです。
甲板にて マリンタワーを望む
ブリッジにて 名前の入った鐘
機関のコントロール装置?
VIPルーム きれいなステンドグラスが入っていました
チャップリンが泊まったとか・・・
マリンタワーより クリスマスイルミネーションがきれいでした
山下公園にて マリンタワーも最後とは・・・