屋久島旅行 2007
南の島へ行こうといろいろ考えましたが、
もののけ姫のモデルになったという屋久島に行くことにしました。

場所 Photo コメント 旅行記
鹿児島港にて 桜島がきれいに見えていました
道産子のずんこさんは暑さに弱く、夏場に南のほうへ行くのは不可能なので、この時期に南の島へいこうと考えていました。

もののけ姫のモデルになったという屋久島に行くことにしました。

自然遺産となって人気が高いらしく往路の飛行機が取れず、鹿児島から高速船トッピーでの移動になりました。
水中翼船に乗るのは初めてでした。
浮上するのに感動、下のほうで出てきますが、しっかり連続写真を撮ってきました。


屋久島へ上陸後は屋久杉自然館でまずは予習。
そのあと千尋の滝、トローキの滝へ行きました。
雨の後ではなかったので、ガイドブックにあるような迫力はありませんでしたが、背後の険しい山もあり、自然の宝庫であることを実感できました。
屋久島千尋の滝 左側の一枚岩の大きさが想像できません
トローキの滝 川から海に直接注ぎ込む珍しい滝です。
この下の入り江が汽水域になっているらしいです
ホテルからの景色 海がとてもきれいに見えるところでした。
種子島西之表付近にて
翌日は、種子島へトッピーで渡って、宇宙センター見学です。


その前に鉄砲伝来の歴史が展示してある総合開発センターへいって見学しました。




海沿いをずいぶん走りましたが、絶景の連続でした。








種子島の宇宙センターは、H2Aロケットが実用化段階に入っているため、そこを強調した内容になっています。

見学ツアーに参加。
バスで発射台のすぐ下まで連れて行ってくれました。

高さ50mのロケットの発射台はすごい迫力ですね。

ぜひ、発射するところを見たいものです。

見学ツアーでは、ロケット発射のときに使う司令室も見せてもらえます。

また、H2の歴史の中で、いろいろなトラブルで打ち上げが中止になった、H2ロケットそのものが保管してあるところも見学できます。


宇宙センターの展示もあわせて、まるまる半日宇宙三昧でした。





途中、たこ焼きやさんを発見していただきましたが、おいしかった。
(^-^)/
元気が出ました。
(グルメ情報参照)




帰りも水中翼船で、屋久島まで戻りました。

犬城海岸付近

かな
二人でこんなTシャツを着て、歩いていました
種子島宇宙センターにて 展望台より発射台全景
H2Aが実際に打ち上げられている発射台。
この中で組み立てられるそうです。
打ち上げが延期になったH2実物がおいしかった
南種子町にて ちょっとかわいい花
いっぱい咲いていましたが、名前はわかりません
(;_;)
島間港にて
水中翼船が着水するところです
すごいですね
ホテルからの景色 昼間もきれいです
昨日の晩から、大雨大風となり、トレッキングがどうなるか心配しましたが、ぎりぎりで雨は上がり、ホテルでゲットした屋久島Tシャツを着て出発です。

ホテルでゲットしたTシャツ
肩に入ったとびうおがかわいい
もののけ姫の森 白谷雲水峡 その日は屋久島トレックの方のガイドで白谷雲水峡へトレッキングに出かけました。
こちらの別ページへどうぞ。
屋久島 シーカヤック 翌日はブルーウォーターカヤックさんのシーカヤックツアーに参加しました。
こちらの別ページへどうぞ。
ホテルの窓からの朝の景色 薄雲がでて水平線からの日の出とはなりませんでした
最終日は飛行機までの間、島内のドライブです。


自然遺産に指定されている西部林道方面へ向かいました。


天気はまずまずですが、やはりかすんでいて、山ははっきりとは見えませんでした。



中間のガジュマルの大きさには圧倒されましたが、名前のついていないガジュマルもその辺にあって、十分大きくてびっくりするようなものがいっぱいです。





日本の滝100選にも選ばれている大川の滝。
高さ88mは迫力十分です。

滝つぼのところまで降りることができて、しぶきを浴びるほど近くから見上げられます。




西部林道に入ると、鹿やサルと何度も出会いました。

道は海岸沿いでありながら、崖の上の標高の高いところを走るので、海を見下ろす絶景ポイントが何箇所もあります。






永田のいなか浜へ。

海がめ館を見学したあと浜に出ました。


屋久島は花崗岩が隆起したそうで、砂浜もサンゴからではなく、花崗岩からできているということで、星砂系の細かい砂ではなく、ちょっと透明感のある石英系の荒い砂です。

前の日の夜にはウミガメが産卵に上がった形跡があったらしいです。


ずんこさんは貝殻をいっぱい拾っていました。







いよいよ旅も終わりで、飛行場へ。


鹿児島まではプロペラ機で。

鹿児島空港の近くで、ざぼんラーメンを食べました。
めちゃくちゃおいしかった。
(写真撮り忘れました。)



羽田までの飛行機は天気は良かったですが、全体的にかすんでいて、富士山を見ることはできませんでした。



自然満喫の充実した旅行になりました。


黒崎付近の路上にて
中間のガジュマル どこがどうなっているのか・・・

ものすごい大きさです。
大川の滝
いなか浜にて ウミガメの視線ってこんな感じでしょうか
石英系の荒い砂浜です
ここが産卵に上がってくる砂浜だそうです
小さな貝殻がいっぱいありました
屋久島空港の消防車 化学消防車が2台もありました
プロペラ機でした 6枚羽なんですね
鹿児島空港にて 鹿児島から先は、このジェット機
木更津上空にて 海ほたるが見えます

おおむね宿の食事でしたが、郷土料理もいっぱい出たので、
載せてみました。

とびうおのてんぷら

朝日ガニ

亀の手
貝の一種らしいです

日の出弁当の
幕の内

種子島のたこやき
ペケさん
たこ焼きはおいしくて、
お姉さんが楽しかった。

カツオのたたき

豚足

きびなごの刺身と
ぶたしゃぶ

さつまいもと
えびのタルタルソース

鯛の潮煮
めちゃくちゃおいしい

お刺身

きびなごのすきやき