2007 尾瀬
私としては多分30年ぶりくらいで尾瀬に行ってきました。

場所 Photo コメント 旅行記
横田代にて マルバノモウセンゴケ
こんなにいっぱい見たのは初めてでした

戸倉までクルマで行って、シャトルバスで鳩待峠に上がりました。

アヤメ平に向けて登りました。
みなさん、山ノ鼻の方へ向かったらしく、他の登山者とは、まったく会いませんでした。


横田代ではモウセンゴケやニッコウキスゲやワタスゲを見ることができました。








至仏山や燧ヶ岳もよく見え、とてもいい天気でした。
梅雨の晴れ間となって、絶好のトレッキング日よりでした。










再生中のアヤメ平を経て、富士見小屋へ。

ちょっとおなかが空いたので、カップヌードルをいただきました。

こういうときに食べると妙においしいですよね。

ストーブがSLの形になっていたので、ずんこさんは大喜びでした。











竜宮へ向かう尾根道は見通しが悪く、急斜面が続き、かなりきつかった。








何とか降りきって竜宮小屋で一休み。





ちょっと中田代方面を散歩したら池塘で、カルガモのヒナが泳いでいました。








ホオアカやサギなどの鳥もいっぱいいて、楽しく散策できました。











ずんこさんはすでに疲れきっていたらしく、見晴らしまでのわずかの距離も、長く感じられ、へとへとで原の小屋に到着しました。










すぐにお風呂に入って、夕食のあと、夕景の尾瀬ヶ原を見に散歩に出ました。









別館の休憩所でパウンドケーキをいただきました。
一緒に飲んだチャイと蜂蜜ミルクがめちゃくちゃおいしかった。


日が暮れると、ほぼ満月に近い月が上がってきました。




夕焼けもきれいでしばらく外で見とれていました。



宿の消灯は21時で、疲れきっていたので早く寝ました。

夜中に起きて外に出てみると、星がめちゃくちゃきれいでした。





夜明け前に起き出して、外に出てみました。
朝霧がきれいでした。














朝食をいただいて出発。








竜宮からヨッピ吊り橋経由で牛首分岐へ。

風が少なく、暑くて結構きつかった。


山ノ鼻に着いたときには、ずんこさんはへとへと。
アイスクリームでエネルギー補給をしました。





鳩待ち峠までの登りは大変でしたが、なんとか無事に帰りつきました。



横田代では少しだけでしたがきれいに咲いていました
横田代より 至仏山と木道

絵になりますね
アヤメ平にて 燧ヶ岳もきれいです
富士見小屋にて ストーブがSLになっていました
竜宮に向かう尾根道にて 見通しの悪い尾根道ですが、ちょっとだけ尾瀬ヶ原を見下ろすことができました
尾瀬ヶ原 白樺がきれいでしたが、白樺を入れるとホワイトバランスが崩れるのか、きれいな緑が写せませんでした
中田代にて カルガモのヒナとめだかの学校?
燧ヶ岳
池塘が
ホオアカ

何度も見かけました
茂みの中に巣があるらしくこのあと下に入って行きました

デジタルズームなのでちょっと荒いです
夕方の見晴らし付近にて 月が上がって霧がたち、幻想的な雰囲気でした
至仏山の背後の空も夕焼け色になりました

手前には靄がかかってきれいです
早朝の見晴らし付近にて ホワイトバランスをいじってちょっと雰囲気を変えてみました
低い位置に霧が出ていい感じです
靄で至仏山もうっすらしか見えません
モウセンゴケに朝露がついて輝いていました

このあたりはナガバノモウセンゴケが多かった
下田代付近 ニッコウキスゲがたくさん咲いているように見えるように撮ってみました
牛首分岐付近にて 逆さ燧がきれいでした
面白い造形でした
上田代より 燧ケ岳が見えるのも最後

間もなく山ノ鼻


富士見小屋で食べた
カップヌードル
妙においしかった

原の小屋の
手作りパウンドケーキ
チャイといただきました

原の小屋では食事の内容を
黒板に書いてくれていました。
とってもわかりやすい!!